当たり前は、やはり怖い


こんばんわ、リーマン取扱説明書です。
最初に申しておきますが今回の記事は、私自身がいまだに解決できないことを書いています。
ですので、この記事を読むことで人生のヒントが見つかるようなことはありません。
(いつもの記事に解決策があると驕っているいるわけではありません)

ですが、私が長年苦しんでいることを共有することで今一度、今回の記事の内容を皆さんに考えてもらいたいと思い執筆しています。

当たり前の怖さ

私たちの暮らしはとても恵まれているのに、それを当たり前としてしまうことで感謝をしなくなっている傾向にあります。

例えば、電車です。
昔は、移動手段と言えば徒歩が当たり前でしたが、現代の技術により電車が開発されどこへでも体力に関係なく行けることができます。

ですが、それを当たり前に感じていしまっている人は電車の出発時刻が5分遅れただけで駅員を叱りつけたりする始末です。

家族を後回しにする

貴方は、貴方を育ててくれた両親に感謝をしていますか?
朝は起こしてくれないことに苛立ち。
ご飯を作ってもらっても文句ばかり。
しまいには、家事ができていないことに対して家族を叱責したりしていませんか?
本来ならば、自分が生活しているのだから自分で家事をやるのが道理です。
ですが、毎日家族が世話をしてくれるばかりに、それが習慣化し当たり前だと思いこみ、できていなかった時に文句を言う。
なんて自分勝手なんでしょう。

過去、私にもそのような経験があります。
今では後悔していますが気づいたときには遅かったなんてこともよく聞く話です。

友人、恋人を後回しにする

会社には、服装に気を付けて出社するのに長年付き合っている友人や恋人と会うときはダル着、ノーメイクで会ってしまう。
なんてことはよくありませんか?

本来ならば自分の素敵な姿を一番見せたい人達なのに
なぜ、気が抜けてしまうのでしょうか?
なぜ、大切な人の前よりも
大切でない人の前に出る時にこそ、おしゃれをするのでしょうか?

優先順位が逆になっている気がして仕方がありません。

気を許す人間関係が出来上がっている。
ということはとても大切なことですが、親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、親しき中にも素敵な自分であれ!だと思うのです。

どうしようもできないのならせめて、、、

もちろんメイクなどは、毎日すると肌が荒れてしまうので好きな人の前くらいは甘えてもいいかと思うのはわかりますし、私自身も同じようなことをするでしょう。

ですが気持ちの問題的に、大切な人にこそ自分の一番きれいな部分は見せたいしかっこよくありたいものなのになぜ
大切じゃない人の前でこそ綺麗な自分であろうとするのでしょうか。

それは見栄であったり、印象付けの為だったり、様々な原因が考えられます。本質を見失っている気がします。

だからと言って、社会的な地位を失うわけにはいきません。
つまり食い扶持を減らすわけにはいかないのでこの天邪鬼な行動は永遠に続くことでしょう。

ですから、せめて大切な人の前でくらい

感謝を伝えるようにしてください。
甘えさせてあげるようにしてください。
助けてあげてください。
困っていたら迷わず手伝ってあげてください。

その行動は、決してどうでもいい人にはできないことです。
当たり前なことだけど、貴方にしかできないことなのです。

自己欺瞞を使いこなせば生きやすい?


こんにちわ、リーマン取扱説明書です。

私は通勤のルーティンとして、駅まではVOICYでニュースを聞き、電車に乗ったら本を読むという生活を続けています。
ですが先日うっかり本を忘れてしまいました。
いつも通りいかない不快感を感じていましたが、いつもより長くニュースを聞くことができた朝でした。

この私の行動は、自己欺瞞(じこぎまん)ともいえると思います。
私の本当のしたいこと(本を読む)を
「いつもより長くニュースを聞いていられた。いい一日だ!」
と思ってもいないことで自分を騙し、正当化して何とか悪い気分になるのを回避したのです。

実は、この欺瞞という行為は私たちにはなくてはならないものなのです。
そのことについて書いた記事となります。
ですが、どんな人にも当てはまるわけではないので、用法容量を守り適切にご覧ください。

みんなしている自己欺瞞

皆さんの普段の生活の中で、本記事の冒頭のような体験をしているはずです。
「電車に乗り遅れたけど、次の電車が混んでいなかったからラッキー!」
「お昼の時間がない!でもダイエットしているからよかった!」
「お酒飲んでしまったけど、人間関係を良好にできたからよし!」

と思っていますが、本当は…

「さっきの電車に乗りたかった…」
「お昼抜くと元気でないんだよなぁ」
「医者からお酒禁止されているんだよなぁ」

と思っているはずです。
ですが、私たち人間は精神的に不快な感情をシャットアウトするために、
いや!さっきの出来事は正しかった!
と正当化してマイナスな感情を無理やりプラスにするのです。

そうすることで、自分が余計に傷つくことを避けているのです。

やりすぎると危険!?!?

自己欺瞞とは、自分を騙すことです。
自分を騙し、正当化しさっきの行動は正しかったと思うことで自分がマイナスな感情に侵されてしまわないようにするのです。

ですが、なんでも自分を正当化するということはよくありません。

「約束を守れなかったけど、体力を温存できた!」
「毎日お酒を飲んでいるけど、ストレスを無くせた!」
「野菜食べていないけど、野菜は農薬だらけだから食べなくていい!」

自分を守るはずの自己欺瞞が、なんでも正当化することによって自分を悪い方向へと進ましてしまっているのです。

まるで、過剰に反応する自己免疫細胞のようですね。

心の自己免疫細胞でもある、自己欺瞞を適切に働かせるためには
やってしまった行動に対して続けていいものか?
ダメなものか?

を考えることです。
精神を強く保ちつつ、自分の成長につながるように自己欺瞞を人生に活用していきたいものです。

良いこだわり、悪いこだわり

こんにちわ、リーマン取扱説明書です。
皆さんは”こだわり”はお持ちですか?
例えば、元野球選手のイチロー選手は、通常のバットよりも芯が細いものを使うことで有名ですね。
そのこだわりが野球選手としての成功の理由の一つになっているとも言えるのではないでしょうか。

一方、貴方はどんなこだわりを持っていますか?
朝は絶対にコーヒーを飲むこと?
朝食は食べないこと?
一日5分でもいいから勉強する事?
お気に入りの靴を履くこと?

今回の記事は、よりよい生活を送るための”こだわり”は時として生活に悪影響を起こすことがあるということについて書いていきます。

悪いこだわり

見栄や自分の為だけに持つこだわりは「悪いこだわり」といえるでしょう。
そんなことを言うと、イチロー選手のバットは自分のためのこだわりじゃないですかと思うかもしれません。
ですが、イチロー選手は野球という仕事でいい結果を出すために必要な道具にこだわりを持っているのです。
つまり、仕事として人を喜ばせるためにこだわりを持っているのです。

例えば、プライベートで後輩と出かけたら絶対に奢る人がいます。
その先輩は、自らの見栄からくる”こだわり”のせいで自分の家族の家計を圧迫し続けます。
そうすると、家族との関係にも少しずつ亀裂が入ってきます。
後輩に奢ることが悪いことと言っているわけではなく、その行動は自分を満たすためにしているのではないかということを今一度考えてください。

悪いこだわりというのは、自分の事しか考えないこだわりのことを指します。そのこだわりは結果的にあなたの生活を苦しめる可能性があります。

それでもこだわりを持ちたいなら、自分の機嫌や欲を満たす別の習慣を作りましょう。

良いこだわり

良いこだわりは、人のために使うこだわりのことを指します。
たとえば、グルテンフリーを徹底したパン屋さんがあるとします。
そのパン屋さんは、ダイエットや小麦アレルギーの人がどのようにしたら喜んでパンを食べられるかを研究して人の為を思い、こだわりのパンを作っています。
決して、自分の為ではなく相手の為に強いこだわりを持っているのです。
このように相手のことを考えた”こだわり”は人を幸福にさせ、仕事や日常生活のサイクルを円滑にしてくれます。
人気のパン屋さんなどでこだわりが強いところが多いのはこのような理由もあると思います。

まとめ

こだわりは人間関係から仕事、プライベートまで良くすることができます。
もしもあなたの”こだわり”が他人を思っての行動につながっているのならばそのこだわりを続けて下さい。
きっと、お客さんにも満足していただけますし、周りの人間関係にも良い影響を与える事でしょう。

自分のこだわりに自信がない人、こだわりを持っていない人は
自分のこの”こだわり”は他人を幸せにしている物か?
とご自身に問いかけてみてください。
※こだわりのない人は、何となくやっているルーティンを例に挙げても構いません。

こだわりを見直すことで、普段の人間関係や仕事の悩みの解決にもつながるかもしれません。

貴方は必要な人間に決まっている


こんにちわ、リーマン取扱説明書です。
皆さんは”失敗”と聞いてどんなイメージがありますか?
言わずもがな”失敗”というのは生きている中で誰しもが必ず経験するものです。失敗をするほど成長につながるというのも事実なのでしょう。

ですが、失敗をするたびに
「私なんて世の中に必要のない人間なんだ」
と卑屈になってしまうことはありませんか?

失敗を恐れるのは、人間の本能なので仕方のないことです。
ですが、失敗するたびに自分を責めて必要のないダメージを加える行為はあまりお勧めしません。

今日の記事は自分を責めてしまう癖がある人に向けたものとなっています。
ですが、必ずしも皆さんに当てはまるわけではないので用法容量を守り適切にご覧ください。

皆、必要としている。ただ言わないだけ

「私なんて世の中に必要のない人間なんだ」と思っている貴方。
実際に誰かからそんなことを言われたのですか?

実際はただ仕事で注意されただけで、貴方が勝手に「自分は世の中に必要ない」と判断したに過ぎないのではないでしょうか?

逆に考えて見て下さい。
貴方の周りに、「この人、世のなかに必要ないな」と思える人はいますか?
数えられるくらい、それかほとんどいないのではないでしょうか?
逆にこの人は必要な人だと思えるような人ばかりではないでしょうか?

つまり皆、貴方と同じように必要とは分かっていてもわざわざ口に出して
「貴方は必要な人間です!」なんて言わないのです。
そんなことを知らずに、ただ言われていないという理由だけで
「自分は必要のない人間だ」なんて思うのは間違っています。

替えが聞くのは当たり前、無理やり作るから

「貴方の代わりなんていくらでもいる」
「総理大臣にだって変わりはいる」
なんて励ましの言葉?がありますが、当たり前です。

人間の代わりは人間がやるもので、そこに誰かしらを当てはめないと世の中が回らないのですから。
言い方を変えると

「貴方の代わりは無理やりにでも作る。そうしないと会社が回らないから」

また、替えがきく=価値のない物
という考えも見直してほしいものです。
替えは無理やりに作るものなのですから。
価値がないものにそんなことはしませんよね?

そうはいってもあなたの替えはいない

貴方が営業だったら、営業先の印象は貴方しか作れないし
サービス業だったらあなたにしかできないサービスがあるのです。

そういった意味では、貴方がいないと会社やお店の印象がガラッと変わってしまうのです。
あなたはその印象を作るのにとても必要な人材なのです。

替えが聞くのはあくまでその役割として、仕事の本質として(人に喜んでもらうなど、その人にしかできないやり方等)替えがいる人なんて一人もいません。

決して、「私の仕事は誰にでもできるから大したことじゃない」
なんて思わないでください。

最後に、お金がたくさんもらえる=価値があるもの
と思い込むのも辞めてください。
お金は価値があるものの指標としては役に立ちますが
「お金⇨価値があるもの」とは言えても
「価値があるもの⇨お金」とはならないと思うのは私だけでしょうか?

【自己紹介】怖がりで弱い私 ~リーマン取扱説明書~


こんばんわ、リーマン取扱説明書です。
今更ながら自己紹介をしていきます。

昔の私と今の私

昔の私は、勉強も、運動も人並み。

いわゆる”普通の人”でした。

周りと一つ違う事といえば、

心のどこかで、常に自信がなく何かに怯えている人間でした。

将来への恐怖、孤独、人間関係、健康面、数えだしたらキリがないです。
家に帰って夜になると必ずこれらが私を襲うのです。
眠れずに、部活に寝坊する日もありました。

今の私は、これらの恐怖から逃れることはできていません。

ですが、生きている内に恐怖への”対処法”を少しずつ見つけてきました。

この”対処法”を私のように恐怖を感じている人に届けたい。

そんな思いで、noteを始めました。

ですが、人は10人10色 

必ずしも、私の対処法が貴方に効果的であるとは言えません。

ですが、私は多くのことに怖がって生きていきました。

その中で少しでも貴方の役に立つことができたらとてもうれしく思います。

「健康」と「考え方」この二つを強くすること

これが、私の結論です。

ここで説明すると長くなるので省きますが

この二つを軸にこれからも投稿をしていきたいと思います。

ですが、誰にでも当てはまる対処法ではないため

くれぐれも用法容量を守り適切にご覧ください。

フォロワーを増やす方法、読まれる方法?目的変わってない??


こんにちわ、リーマン取扱説明書です。
この私の記事を見ているということはnoterの方が多いと思います。
また、Twitterを通してSNS運用もされている方もいらっしゃると思います。
※現在でははてなブログさんにもお世話になっています。

私がnoteを始め1か月程経ち、記事が少しずつ伸び始めたころ私のTwitterに「サラリーマン生活を抜け出して自由になろう」というようなアカウントからブログを使って収益化をしましょうとお誘いがありました。
その方のリプライ欄を見ると色々な方にブログの収益化のセミナー参加をお誘いしている様子でした。

当時の私は、仕事がとても嫌でこの仕事をしないで生活していけるならいいかもしれないと考えました。

ただ、ある思いからそのお誘いを断りました。
今回は、あの時私がブログ収益化のためのセミナー参加の誘いを受けていたらどうなっていたのかを振り返り、現在noteを続けられている理由について書いていきます。
毎度おなじみですが、記事を読むにあたって用法容量を守り適切に参照ください。

あの時セミナーの誘いに乗っていたら

結論から言いますと、noteを続けていいなかったと思います。
理由は下記記事のように私がnoteを始めた理由が
私のように生活の中で恐怖を感じている人に対処法を知ってもらい、少しでも楽になってもらうためにnoteを始めたからです。

riimantoriatukai.hatenablog.com

そんな私が目の前のお金欲しさにnoteの目的を
文章で人を救う⇨お金を稼ぐ
(※身の丈に合わない目的ですみません。)
にして、仮にお金が稼げなかったらどうなると思いますか?

きっと、人のためにならないし私の伝えたいことも伝わらないのでやめていたと思います。

あの人が言っているならそうなのだろう。

人間は、人の言葉を先ず信用することが行動経済学の観点から明らかになっているそうです。

理由として、狩猟採集時代に集団生活をしている中で人の言葉を真っ先に信じ行動することで食糧にいち早くありつけたためです。
ですが、現在では狩猟採集時代と比べ緊急を要する事態が日常から減ってきています。

ですが、本能として「人の言葉を信じる」ということは残り続けているのです。それが、私たちがメディアに踊らされる理由にもなっているのです。

最近ではイーロンマスク氏が「日本はこのまま消滅するだろう」とTwitterで発言をしました。
日本人からすると恐怖以外の何物でもない感情に襲われますよね。

しかも、イーロンマスク氏ほど情報が集まりやすい人間が言っているのなら間違いないのだろうと人は何も考えずに受け入れてしまいます

ですがイーロンマスク氏がどのような根拠で、どのような目的でこの発言をしたかを考えずに、ただ恐怖におびえているだけでは何も解決しません。

人間には恐怖から逃れたいという本能があります。
そのような本能が私たちを怖がらせている原因なのです。
過剰に怖がる前にこのことを理解していて心の健康を保ちましょう。
※ちなみにイーロンマスク氏は去年から日本の人口が65万人減っているからこのままだと日本は消滅するだろうと言っていました。
この根拠を浅いと考えるかはあなた次第です。

成功体験は理由を後からつけただけ


こんばんわ、リーマン取扱説明書です。
皆さんの中に何らかの形で成功したいと考えている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
それはおかしいことではなく、人は人生を成功させて幸せになりたいと常に思っています。
では、具体的に幸せになるためにどのようなことをすればいいと思いますか?
今の仕事に専念する?
資格の勉強をする?
副業を頑張る?
本を読む?
新しい自分を見つけるため転職する?

どれも素晴らしいことです。
実際にこれらを行動に移し、継続されている方を私は尊敬します。
ここで一旦これらの項目に注目してみてください。

これらには共通点があります。それは”人から学ぶ”ということです。
※資格の勉強や本も誰かの体験をもとに作られています。
現在はメンター(自分のキャリアの手本となる人)を作れという言葉が流行っていますがそんな人に出会うことなんてめったにありません。
なので、次に頼るのがなのですが自己啓発本は自分のためにならないという噂もあります。

そこで本日は、幸せをつかむために誰かの成功体験(人・本から)をまねるということに関して書いていきます。

成功者は自分の体験を語っているだけ

自己啓発本について

かくいう私も、自己啓発本はたくさん読んできました。
メンタルを自由にコントロールする本や、できる営業マンのハウツー本、有名人の思考法などそれはもうたくさん、、、、
結果から言うと為にならなかった本のほうが圧倒的に多かったです。
理由は2つあります。

1つ目は、その人だからこそ使えた成功方法だったからということ。
その人の性格、人間関係、周りの環境があってこそ成功できたケースです。
全く同じ人間はいませんので、これは貴方に当てはまる成功方法かといわれるとどうでしょうか。
当てはまらない可能性のほうが高いでしょう。

2つ目は、著者も成功すると思ってやっていない成功方法。つまり後から理由をつけて言語化して本になっただけということがあげられます。
その時の世界情勢のタイミング、や周囲の環境に大きく関与します。
参考にはしても、必ずその方法が自分には合っているかと言われればあっていない可能性が高いです。
だれかの自己啓発本を自分の人生の回答であるかのように行動するのではなく、あくまで参考として見るようにしてください。

SNSインフルエンサーについて

Twitterにて、マジで成功する人は「朝早起き」「10分の筋トレ」「メンターを作る」などの投稿を見ますがこれも同様です。
確かに、重要なものではありますがいちいちこのような情報を見て
「ああ!!私にはこれが足りない!!」と悲観的になることがあるのでSNSインフルエンサーの発言には気を付けてください。

自分で成功方法を見つけるしかない

先ほど、あくまで自己啓発本は参考として見て下さいと書きました。
私は、自己啓発本を読むなと言っているのではなく
読んで、自分に合う情報を見つけ出してくださいと言いたいのです。
※理想は、自己啓発本ではなく知識本を読んでほしいですが、、、

それはまるで、沢山のフルーツの中から新鮮でみずみずしいものをじっくりと吟味して貴方だけのフルーツタルトを作るように
貴方に合うものをあなたの手で選んで自分だけの成功方法(フルーツタルト)を作り上げてください。

貴方が本当に成功するための方法なんてどんな人でも知らないですし、本にも載っていません。
これからも、勉強することを怠らずに成功方法を作り続けてください。
それが、必ずあなたの幸せにつながります。